足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康
main61
紅葉|横山大観

秋季特別展 Autumn Exhibition 終了しました。

大展示室

再興院展100年
横山大観と近代日本画の名作展

平成26年8月31日(日)~11月30日(日)
日本美術院は、明治31年(1898)、岡倉天心のもと新しい日本画を創造するための研究機関として創立されました。横山大観をはじめ、画家たちは研究に打ち込み、日本画の伝統的な線描を廃した「朦朧体」と呼ばれる新技法を生み出すなど、新たな表現を追求しました。しかし朦朧体に対する酷評、それにともなう経営難から、一時活動休止を余儀なくされてしまいます。
その後、日本美術院は大正3年(1914)に再興を果たしました。前年の天心逝去を受け、大観が中心となって天心の遺志を成し遂げたいと奔走したのです。それから今日に至るまで、再興院展を舞台に多くの名作が発表され、院展は日本画壇を代表する団体のひとつとして重要な役割を果たしています。
日本美術院再興から本年で100年を迎えます。これを記念し、大観と院展の画家たちの名作を一堂に展示いたします。
日本画改革という院展の精神を胸に、画壇を牽引してきた巨匠たちの名品の数々をご覧ください。
■ 主な出品作品
横山大観「曳船」「愛宕路」「朝嶺・暮嶽」「春風秋雨」「風蕭々兮易水寒」
菱田春草「猫梅」、小林古径「楊貴妃」、安田靫彦「王昭君」、前田青邨「山路之秋」
sub6
横山大観「愛宕路」大正10年
小展示室

近代の美人画Part1
うるわしき日本の女性たち

いつの時代も女性の美は日本美術の重要なテーマとして、多くの画家たちが描いてきました。
本展では、当館が所蔵する近代日本画の中から、美しい日本女性を描いた作品を展示いたします。
伊東深水や鏑木清方らが描く美人画の名品の数々をお楽しみください。
■ 主な出品作品
伊藤小坡「一聲」、鏑木清方「春游」、菊池契月「菖蒲」
寺島紫明「舞妓」、勝田 哲「夕べ」、伊東深水「夢多き頃」
sub23
伊東深水「夢多き頃」昭和27年
大観室

秋の特別展示
横山大観コレクション選

豪華絢爛な屏風「紅葉」は、年に一度この季節だけの特別展示です。
また、日本の海岸風景を描いた水墨の名品「浦風」や「漁火」などをご紹介いたします。
■ 主な出品作品
横山大観「那智乃瀧」「鹿ケ谷」「紅葉」「乾坤輝く」「蓬莱山」「山川悠遠」
sub32
横山大観「紅葉」昭和6年
展示作品リストダウンロード