足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康

コレクション

河井寬次郎

Kawai Kanjiro
  • 作品1

    三色扁壷昭和38年(1963)頃 高30.3 cm
    赤、黒、緑の釉薬を器肌に打ち付け、そのほとばしる滴のリズミカルな調和によって、自由奔放な躍動美が表されている。自由な造形と装飾方法が取られており、晩年の寛次郎らしい作品である。

作家写真

河井寬次郎

明治23年(1890)~ 昭和41年(1966)
島根県安来市に生まれる。東京高等工業学校窯業科を卒業後、京都市陶磁器試験場に入所し、釉薬の研究に励む。大正9年、京都市五条坂に工房「鐘溪窯」と住居を構え、東洋陶磁器の技法を駆使した作品で評価を得るが、後に柳宗悦らに影響を受け、民藝運動に参加。戦後になると、独自の造形美を追求し、自由奔放な作品を生み出した。