足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康

コレクション

前田青邨

Maeda Seison
  • 作品1

    昭和15年(1940) 91.4×102.1 cm
    岐阜県出身の青邨にとって、鵜は身近な鳥であったのだろう。画面に大きく取られた余白が静けさをかもし出し、鵜の緑碧色の眼が神秘的で存在感あふれる作品である。

  • 作品2

    山路之秋昭和41年(1966) 51.2×81.0 cm
    秋の薫りが画面からこぼれてくるような錦秋の風情と赤茶色の山路が実に見事に調和している。洒落た構図は青邨の本領を発揮した秀作といえる。

作家写真

前田青邨

明治18年(1885)~ 昭和52年(1977)
岐阜県に生まれる。梶田半古の画塾にて、小林古径とともに有職故実や絵巻物の模写に励み、また國學院の聴講生として古典文学を学ぶ。明治40年には靫彦らの紅児会に参加。一躍新進作家として脚光を浴びた。大正3年より院展を舞台に活躍。巧みな空間構成と、流麗な線描、鮮やかな色彩を活かした歴史画の名作を生み出した。