足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康
川合玉堂「鵜飼」HP
鵜飼|川合玉堂

春季特別展/2018  Spring Exhibition, 2018 終了しました。

大展示室

耳を澄ませば
ささやく日本画

2018年3月1日(木)~5月31日(木)
顔を見合わせて笑う人の声、木々に集まった鳥たちの鳴き声、勢いよく流れ落ちる滝の音……。日本画を鑑賞していると、こうした「声」や「音」に気が付くことがあります。
もちろん、実際に絵の中から音が聞こえてくるわけではありません。作品にじっくり向き合い、想像を膨らませることで、まるで絵の世界に入り込んだかのように様々な音が感じられるのです。日本画を鑑賞しながら、実際には聞こえてこない「声」や「音」に思いを巡らせることは、実に興味深いことです。こうすることで、画家のまなざしや作品に込められた思いを感じることもでき、より深く日本画の世界を楽しんでいただけることでしょう。
本展では、横山大観や竹内栖鳳らの名品の中から、絵の中の音が想像できるような作品を展示いたします。静かな展示室の中、耳を澄まして、日本画から聞こえてくる音に注目してご覧ください。
■ 主な出品作品
富岡鉄斎「群僊祝壽図」 竹内栖鳳「瀑布」 横山大観「虎溪三笑」 川合玉堂「鵜飼」
上村松園「牡丹雪」 今村紫紅「俵藤太物語絵」 橋本関雪「訪隠図」 前田青邨「鵜」
榊原紫峰「梅花群雀」 伊東深水「ささやき」
上村松園「牡丹雪」_HP
上村松園「牡丹雪」昭和19年
小展示室

ここを見て!
学芸員の視点

近代の日本画には、ちょっと見ただけでは気付きにくい表現や、あまり馴染みのないモチーフなどがあります。
本展では、ここを見て作品を知ってほしいという、学芸員の注目点とあわせて日本画をご紹介いたします。
■ 主な出品作品
竹内栖鳳「爐邊」 上村松園「待月」 鏑木清方「潮干がり」 小林古径「楊貴妃」
安田靫彦「王昭君」 川端龍子「愛染」
竹内栖鳳「爐邊」幅304
竹内栖鳳「爐邊」昭和10年
大観室

生誕150年
横山大観の芸術Ⅰ

横山大観の生誕150年を記念し、当館の大観コレクションの中から、一年を通して、それぞれの季節にあった名作をご紹介いたします。
日本の美しい風景を描いた「春風秋雨」や若き日の大観の代表作「無我」などをご覧ください。
■ 主な出品作品
横山大観「無我」「春風秋雨」「雨霽る」「蓬萊山」「山川悠遠」
横山大観「無我」HP幅204
横山大観「無我」明治30年
展示作品リストダウンロード