足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康

足立美術館からのお知らせ

  • 0677機関庫の窓
2016/07/15

新館特別展「現代日本画名品選Ⅱ」が始まりました

会期:平成28年7月15日(金)~10月19日(水)

「近づいて見たい日本画」

今日の日本画は、伝統をふまえながらも時代に合った新しい表現を追求した作品が次々と生み出されています。岩絵具を画面全体に厚く塗った作品は、粒子が光に反射して輝き、近代の日本画とは異なる印象を与えます。また、克明な描写や、紙に貼った箔をあえて削ることによって独特の味わいを出す技法など、様々な表現が作品に取り込まれています。

それらの作品を、実際に間近で目にすると、現代日本画がいかに繊細かつ革新的な絵画であるかがお分かりいただけることでしょう。

本展では、緻密な人物画や、金箔を効果的に用いた風景画など、当館が所蔵する現代日本画コレクションの中から、思わず近づいて見たくなる作品を展示いたします。それぞれの作家の表現方法に着目しながら、日本画の世界をお楽しみください。

なお、展示作品には「画家のことば」をあわせてご紹介しています。画家本人の想いを知ることによって、作品をより一層理解していただけることでしょう。