足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康
0634故城呼鈴HPja
故城呼鈴|倉島重友

新館特別展 Annex Special Exhibition

現代日本画名品選Ⅱ                         —画家がとらえた人の姿—

2018年7月12日(木)~ 10月10日(水)
足立美術館は、横山大観を中心とする近代日本画の名品を所蔵する一方、大観らが創立、再興に尽力した日本美術院(院展)を中心に、現代の日本画壇で活躍する画家たちの作品収集も行っています。これらは新館にて順次公開しており、本館から新館へ進むことで、近代から現代へ至る日本画の流れがご覧いただけます。
本展では、絵画の重要な主題のひとつである、人物が登場する作品をご紹介いたします。描かれた人の表情や仕草から、性格や感情を想像したり、そこに重ねた画家の心情に思いを巡らせたりすることは、他の主題にはない人物画の魅力といえます。ここでは、座る、たたずむ、横たわる、働くといった、体勢や動作の違いに分けて作品を展示いたします。画家たちがとらえた様々な人物表現をお楽しみください。
なお、展示作品は「画家のことば」をあわせてご紹介しています。画家の想いを知っていただくことで、作品について一層ご理解いただけることでしょう。どうぞ心ゆくまでご鑑賞ください。
展示作品リストダウンロード
0581うたたねHPsum
うたたね|宮北千織