足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康
HP母子_日本語-1
母子|宮北千織

新館特別展 Annex Special Exhibition 終了しました。

現代日本画名品選Ⅳ                          「子供を描く、女性を描く」

平成29年2月3日(金)~ 4月17日(月)
いつの時代も画家たちは従来の枠にとらわれず、時代ごとに様々な作品を描いています。
現代の日本画でたびたび描かれる女性像を見ると、古き良き時代の風情を醸し出す慎ましやかな女性や、女性のたくましさや儚さ、あるいはミステリアスな部分などを取り上げた作品など、時代を生きる女性たちの美しさが表されています。
また、子供を題材にした作品では、母親に抱かれる様子や、純真無垢な表情で遊ぶ様子に焦点をおいたものなどがあり、観る者に安らぎを与えてくれます。
画家たちは時代の変化に応じて、日常生活に目を向けながらも画家の感性を盛り込んだ、独自の作品を発表し続けているのです。
本展では、あどけない子供の姿を描いた作品、また、女性の力強さや、魅惑的な要素などを表した女性像をご紹介します。現代の日本画家だからこそ表現できる作品の数々をご覧ください。
なお、展示作品には「画家のことば」をあわせてご紹介しています。画家本人の想いを知ることによって、作品をより一層理解していただけることでしょう。
展示作品リストダウンロード
0683煉獄の門HPside
煉獄の門|村岡貴美男