足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康

コレクション

速水御舟

Hayami Gyoshu
  • 作品1

    新緑大正4年(1915) 125.0×81.0 cm
    青々とした若葉が画面いっぱいに描かれ、新緑の爽やかさとともに作者の感動がそのままに伝わってくる。御舟の作品に共通する、不思議な新しい感覚は本作でも感じられ、大正初期に描かれたものとは思えないほど瑞々しさにあふれている。

作家写真

速水御舟

明治27年(1894)~ 昭和10年(1935)
東京に生まれる。松本楓湖主宰の安雅堂画塾に入門し、日本や東洋古典の粉本模写を通じて技量を磨く。その後、今村紫紅に認められ紅児会に参加。紫紅を生涯の師と仰いだ。大正3年には紫紅や小茂田青樹らと赤曜会を結成。同会解散後は院展に作品を発表。絶えず新しい表現を追求し続け、画壇に大きな足跡を遺した。