足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康

コレクション

横山大観

Yokoyama Taikan
  • 作品1

    紅葉昭和6年(1931) 各163.3×361.0 cm
    真紅の紅葉に、群青の流水と白金泥の漣を加え、秋の清冽な自然を描き出している。単なる装飾画に終わらず、張り詰めた気品を画面いっぱいに保持しているのは、大観ならではである。大観作品の中でも、最も絢爛豪華な趣を持つ一作。

  • 作品2

    無我明治30年(1897) 75.4×46.7 cm
    まるで誕生仏を思わせる豊かな頬の童子が川辺にたたずんでいる。「無我」すなわち禅的な悟りの境地を、無心の童子によって表現したもの。この斬新な発想は、いかにも29歳の気鋭の青年画家横山大観にふさわしい。

  • 作品3

    雨霽る昭和15年(1940) 81.2×114.3 cm
    昭和15年に描かれた山海二十題のうちの一幅で、大観の水墨画の中でも五指に入る名作といえよう。雨後の霧雲が晴れ上がっていく山並みの流動感が見事に表現され、その彼方には富士山が気高くそびえている。

作家写真

横山大観

明治元年(1868)~ 昭和33年(1958)
茨城県に生まれる。東京美術学校第一期生として、岡倉天心や橋本雅邦の薫陶を受ける。
明治31年、天心指導のもと日本美術院の創立に参加。新しい日本画の創造に邁進した。
大正3年に美術院を再興すると、以後院展を中心に数々の名作を発表。
昭和12年には第1回文化勲章を受章し、明治・大正・昭和と日本画壇をリードし続けた。