足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康

コレクション

土田麦僊

Tsuchida Bakusen
  • 作品1

    静物 鮭と鰯大正13年(1924) 46.5×52.0 cm
    余白の取り方や題材には日本画の要素が見られるが、生魚と干魚の質感の描き分け方には西洋絵画の写実性が見られる。麦僊が欧州から帰国した直後に描いた作品だけに、西洋絵画の影響が顕著ではあるものの、東西の絵画要素を巧みにまとめ上げた一作である。

  • 作品2

    黄蜀葵昭和7年(1932) 152.0×69.5 cm
    麦僊は大正末から好んで花鳥画を描いたが、草花では黄蜀葵をはじめ、芥子、芍薬、朝顔、蓮、菊など、清らかで色気を含んだものが多い。この作品も清々しく品格の高さは麦僊独自のものである。

作家写真

土田麦僊

明治20年(1887)~ 昭和11年(1936)
新潟県に生まれる。鈴木松年塾を経て竹内栖鳳に師事。42年に京都市立絵画専門学校に入学すると、西洋近代美術に開眼。自由な個性の表現を追求し、前衛的な美術運動を展開した。大正7年には国画創作協会を結成。西洋画と日本画的装飾性との調和を追い求め、晩年には知的な美と温かな内面性が感じられる作品を生み出した。