足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康

コレクション

北大路魯山人

Kitaoji Rosanjin
  • 作品1

    金らむ手津本(金襴手壷)昭和20年(1945)頃 34.6 cm
    金襴手とは、器に金箔や金泥で表した文様のこと。あたかも織物の金襴のようであることからこう名付けられた。本作は魯山人の中でも最も絢爛豪華であり、他に作例が見られない一点である。

作家写真

北大路魯山人

明治16年(1883)~ 昭和34年(1959)
京都に生まれる。若くして書や篆刻の才能を認められ、その後、料理や骨董にも興味を持ち始める。大正8年、東京に骨董店「大雅堂芸術店」を開業し、また会員制の「美食倶楽部」を併設。大正14年、美食の殿堂「星岡茶寮」を開店。料理をとりまく総合的な美を求め、料理を盛る器や花器、絵画などを制作し、独自の美的世界を築き上げた。