足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康

コレクション

伊東深水

Ito Shinsui
  • 作品1

    夢多き頃昭和27年(1952) 145.5×177.9 cm
    第8回日展出品作で、独自の群像形式を確立した記念碑的な作品。少女たちの服装や表情、姿勢に様々な変化をつけながら、全体として統一がはかられ、静謐な美を生み出している。人物の視線の運び方に神経を使った深水であるが、本作でもうしろ向きのおさげ髪の少女に視線を集中させている。

作家写真

伊東深水

明治31年(1898)~ 昭和47年(1972)
東京に生まれる。速水御舟の作品に深い感銘を受け、日本画家になることを決意する。鏑木清方に入門。おもに官展などで活躍した。浮世絵の流れを汲む風俗画家として、伝統を継承しながら、常に新しい画風を試み制作活動を行った。描写力に優れ、健康的で明朗な美人画を描き、多くの人に親しまれた。