足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康

コレクション

上村松園

Uemura Shoen
  • 作品1

    娘深雪大正3年(1914) 153.0×84.0 cm
    「朝顔日記」のヒロイン深雪を描いたもの。恋人からもらった扇に見入っている最中、人の気配を感じ、あわてて袂に隠して振り向いたところが描かれている。恋人を想う娘のうぶで可憐な姿をとらえた、松園の大正期を代表する名作である。

  • 作品2

    待月昭和19年(1944) 73.0×86.0 cm
    欄干に寄りかかる若妻を簡潔な構図でまとめ、しかも日本画独特の余白、つまり空間の持つ奥深さと妙味を存分に発揮している。松園69歳、円熟期の作品であり、筆の冴が見事である。気品ある女性像を理想とする松園芸術の昭和期の傑作といえる。

作家写真

上村松園

明治8年(1875)~ 昭和24年(1949)
京都に生まれる。はじめ鈴木松年に、その後、幸野楳嶺や竹内栖鳳に師事する。官展などで京風俗や古典文学に想を得た作品を次々と発表し、画家として頭角を現す。昭和期には簡潔で美しい線、無駄の無い造形、明るくしかも抑えられた色彩などに特色を見せながら、内面的な深みを加え、高い気品を備えた女性像を確立させた。