足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康

コレクション

平櫛田中

Hirakushi Denchu
  • 作品1

    維摩一黙明治44年(1911) 高68.0 cm
    文殊菩薩の問いにただ黙して応えたという、維摩の姿である。一文字に引いた口、睨み付けるような眼光など、全身に凄まじいまでの精気と緊張感がみなぎる。仏教彫刻において、田中の表現が最高潮に達した頃の力作である。

作家写真

平櫛田中

明治5年(1872)~ 昭和54年(1979)
岡山県に生まれる。明治30年に上京し高村光雲に師事。兄弟子であった米原雲海に強く影響を受けながら独自の作風を開拓した。はじめは主に仏教彫刻を制作し、大正3年には日本美術院同人となる。その後塑造研究に打ち込み、昭和になると肖像彫刻、さらには古法に倣った寄木極彩色を取り入れた。37年、文化勲章受章。