足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康

コレクション

安田靫彦

Yasuda Yukihiko
  • 作品1

    王昭君昭和22年(1947) 88.0×55.3 cm
    鳳凰の文様が施された特別な衣をまとう王昭君の姿である。暗闇の中、燭台の焔が照らし出すその厳しい表情は高い気品を示し、漢を脅かす匈奴への貢物として、胡地へ嫁ぐこととなった決意をも見事に描出している。

作家写真

安田靫彦

明治17年(1884)~ 昭和53年(1978)
東京に生まれる。小堀鞆音に学び、明治31年には門下生とともに紫紅会(のち紅児会)を結成。日本画壇に新風を吹き込んだ。大正3年、日本美術院の再興に参加し、以後同人として院展を舞台に活躍。大和絵を基礎に、正確な時代考証のもと、新古典主義といわれる高雅で洗練された歴史画を確立した。