足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康

コレクション

川端龍子

Kawabata Ryushi
  • 作品1

    愛染昭和9年(1934) 168.2×168.5 cm
    「愛染」は愛し執着すること、また愛欲煩悩といった意味を持つ。つがいの鴛鴦が見つめあう一瞬をとらえ、細やかな夫婦の愛情を表現している。装飾性と写実が見事に一体化した名作である。

  • 作品2

    獻華昭和15年(1940) 166.6×115.0 cm
    画題にふさわしい華やかさと気品を漂わせた優れた作品。28歳の時、渡米をきっかけに、洋画から日本画に転向した異色の画家ともいえる龍子であるが、竹籠に生けた牡丹を大画面にとらえる技は、その龍子ならではの面目躍如たる作品といえる。

作家写真

川端龍子

明治18年(1885)~ 昭和41年(1966)
和歌山県に生まれる。はじめ洋画を学ぶが、後に日本画に転向し无声会に参加。大正4年からは院展を舞台に、自由かつ大胆な着想に基づく意欲作を発表した。豪放なる大画面主義を押し進め、昭和3年には美術院を脱退。翌年、「健剛なる芸術の樹立」を唱えて青龍社を設立し、以後同社を舞台に独自の境地を展開させた。