足立美術館

よくある質問
文字サイズ
日本一の庭園をつくった男 足立全康

陶芸

obi_002
島根県安来市が生んだ陶芸家であり、彫刻、書、詩などの分野でも優れた作品を残した河井寛次郎。料理を中心に書、篆刻、絵画、陶芸、漆芸、金工芸などに多彩な才能を発揮し、総合的な美の世界を作り上げた北大路魯山人。当館では、それぞれ初期より晩年に至るまでの各時代の名作を含む、寛次郎約200点、魯山人260余点を所蔵しています。
昭和63年に完成したこの展示室では、年4回、展示内容を入れ替えながら、常時それぞれ約50点の作品を展示しています。
  • 画像1
  • 画像2
河井寛次郎室/北大路魯山人室